本文へスキップ

港区麻布十番 鍼灸/指圧整体

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-5545-5216

麻布十番駅出口より徒歩1分

Q & Aquestions & Answers

Q & A

ご質問にお答えします。ご参考になさってください。

Q1:初めて治療院に行きます。治療の流れはどのような感じですか?


A1:
1.初めて来院された方には、まず問診票にご記入いただきます。
  症状・既往症などご質問いたします。治療についてご説明いたします。
  ご不明な点、また治療についてのご希望などお気軽にお話し下さい。

2.治療着に着替えていただきます。ご自身のゆるめのTシャツとズボンなど、
  治療しやすい服装をお持ちいただきお着替えいただいてもよろしいです。

3.治療が始まります院内は東向きの明るい落ち着いた空間。静かな音楽が流れています。
  治療内容は患者さまの体質・症状によりお一人お一人異なります。
  治療時間は目安です。初回は多少長くかかります。

4.治療後 あたたかな飲み物をお出しします。
  治療のあとはいつもより水分を多めにお取りになり身体を休めて下さい。


Q2:鍼は痛くないですか?
A2:鍼と言うと注射や裁縫の針(何れも
φ0.5mm前後)などを想像される方が多い
のではないでしょうか。中国式の鍼は太く
φ0.3mm前後、日本式の鍼は、φ0.16〜0.24mm
一般的です。当院では、日本式の鍼を使用し、美容はりも行うためφ0.1〜0.24mmの髪の毛の
太さと同程度の細い鍼を使用しています。

日本人の繊細な体質に合った細い鍼を使う日本式の鍼は、江戸前期に開発されました。それは、
鍼管を使うことでしなやかな細い鍼の弾入を可能にしました。以来、日本や欧米先進国では、
細い鍼を使う日本式鍼が主流となっています。また、近年、技術の進歩に伴い鍼の先端加工が
工夫され、刺入時、殆ど痛みを感じない形状となってきています。

当院では、”体に優しく心地良いはり治療”を受けていただいており、細い鍼をすばやく、柔らかに
弾入する為、痛みを感じることはありません。また、刺入する深さは、部位や患者様の感受性に応じて
異なりますが、 殆どの箇所が数ミリ程度です。鍼が弾入された後は、気血のめぐりが良くなり、
心地良く、眠くなってきます。

当院で初めて鍼治療を受けられた方の中には、もっと早く鍼治療を受けていれば良かったと
おっしゃる方がいらっしゃいます。特に刺激に対して敏感な方は、鍼を弾入しないで、肌に接触させたり(接触鍼)、鍼管で肌を刺激する手法(管鍼法)などもありますのでご安心ください。

Q3:鍼は使い捨てのものですか?
A3:エイズやC型肝炎などの感染防止の為、鍼だけでなく鍼管から鍼皿まで、すべて使い捨てのものを
使用いたしております。

Q4:鍼灸治療にはどんな効果がありますか?
A4:鍼灸治療には、血管拡張による発熱作用、鎮痛作用、催眠作用、摂食抑制作用、内蔵機能調節作用、免疫強化作用があることが最近の研究で明らかになっています。経験的にも科学的にも有効性のある鍼灸治療です。身体と心の全身調整をし、今ある症状の改善に効果を感じていただけます。是非鍼灸治療をお試しください。

Q5:治療の効果はどうですか?
A5:ぎっくり腰や寝違えなどの急性症状の場合1回の治療で症状の劇的な緩和が得られることもありますが、慢性症状の場合は、慢性化した期間が長い程症状の緩和に時間がかかります。しかし治療を受けられることにより症状が軽くなり、また、体に良い変化が生じます。

症状の激しい方は、治療開始時は週2〜3回通われることをお勧めしております。症状により治療をお受けになる間隔は異なります。

Q6:治療後の注意点は?                                   
A6:治療を受けられたあとは、気血のめぐりが良くなり代謝が促進されますので、十分な水分を取り身 体を休めてください。治療を受けられた当日の激しい運動や飲酒などはお控えください。眠くなることがありますので、十分な睡眠をお取り下さい。

治療後、2時間位たちましたら入浴されてもかまいません。但し、ギックリ腰などの急性症状の治療後は、入浴は、必ずお控え下さい。入浴中は、温まると患部が気持ち良くなりますが、風呂から上がって身体が冷えてくると痛みが増します。

Q7:妊娠しているのですが、治療は受けられますか?
A7:妊娠中の方にも安心して治療を受けていただいております。妊娠されているどの時期においても治療を受けていただけます。妊娠初期(1〜13週)の方には、軽めの刺激量で、妊娠中期(14〜26週)から後期(27〜40週以降)にかけてのお腹が大きい方には、お腹に負担をかけないよう、横向きなどの姿勢になっていただき丁寧に治療してゆきます。
妊娠中は、心身の変化に伴い、つわり、腰痛、背中やお腹の張り感、むくみ、冷えなどを訴える方が多くいらっしゃいます。
母体がより快適な状態でいられることが胎児にとっても良く、安産にもつながりますので是非お試しください。

:風邪をひいているのですが治療するとよくなりますか?
:風邪をひいている方は、頭の方は熱く、足や背中は寒く感じている場合が多く、気血の流れが悪くなっています。治療により気血の流れを改善し、ご自身の風邪を治す力を引き出し回復を促します。熱があっても37度台の微熱であれば治療をお勧めします。

:美容鍼灸を受ける場合 お化粧はしていてもよいですか?
:お化粧をされていてもかまいません。鍼を施術する箇所を軽く消毒します。多少化粧が落ちる場合がありますので、施術後、タッチアップ化粧をお願いいたします。

Q10:顔のしわやたるみを改善したいのですが、全身の鍼灸治療は必要ですか?
A10:当院ではお顔の気になる部分のみを治療するのではなく、身体全体を治療することにより、効果的で持続性のある美容効果が得られると考えております。しわやたるみが身体の不調の反映である場合や、健康体と思われている方でも体質という偏りがあります。その身体の不調や偏りを治療によって改善し、より良い方向に導くことにより身体の芯から安定し、顔の血色や艶などに反映されしわやたるみの改善となると考えております。
全身調整をした後、お顔の直接施術をいたします。お顔のハリ、艶は、健康的な美しさの源です。

Q11:美容鍼灸はどれくらいの頻度で通うとよいですか?
A11:美容の効果を安定させるためには、個人差もありますが、最初の3カ月は、週1回位の間隔でお受けになることをお勧めいたします。

Q12:高齢で体力的に長い時間治療を受けることが難しいです。短い時間の治療をお願いできますか?A12:その方の体力、体質、症状ご希望にあわせて、30分の治療から行っています。また、来院が困難な方には、出張治療もいたしております。


NOBU鍼灸治療院
NOBU Acupuncture Shiatsu Clinic
NOBU鍼灸治療院

〒106-0045
東京都港区麻布十番1-3-5
クレイン麻布202
TEL 03-5545-5216 
(English available)
診療時間:10:00 - 20:00
休診日:不定休